差し歯のおかげで前歯の隙間が無くなりました

私は40代の女性です。
私は子供の頃、ふざけて 前歯2本の間に楊枝を差して遊んでいました。
楊枝が歯の間に挟まって、まるで刺さっているかのような様子が なんだか面白くて、そういう事をしては人に見せて喜んでいるという変な子供だったのです。
親が注意をしたにもかかわわず そういう事を何度もしていたせいか、私はバチがあたりました。
それは 前歯2本の間がすっかり空いてしまい、いわゆる「すきっ歯」のような感じになったのです。
自分がふざけて楊枝を差していたとはいえ、歯の間が空くというのは 特に思春期の時は嫌でした。
 ですが、当時の私はそれを治すすべも知らずに、そのままの歯で過ごしました。
そして月日が経ち、大人になってから 幸か不幸か 前歯の1本が欠けてしまい、差し歯にせざるを得なくなりました。
前歯1本だけを差し歯にするのは 少し違和感があるとの事で、医師から前歯2本を差し歯にするように勧められ、私も同意しました。
歯の治療後 差し歯を作っていただき、それを装着した後の自分の顔を見ますと、長年悩んでいた 前歯の間の隙間がすっかり無くなっていたのです。
私は「こういう前歯になりたかったのよ!」と 本当に嬉しく思いました。
自業自得という事は承知していますが、差し歯にしたおかげで 前歯が綺麗になって とても嬉しく思っています。
歯を白くする方法