水中ウォーキングで脳梗塞発覚。

先日、ジムでサウナに入りましたらプールエリアのコーチが居らしたので、しばらく世間話などしていた時に聞いたお話です。
ある日、いつもプールをウォーキングされているご夫婦の、ご主人がいつもと様子が違ったので、「お父さん今日おかしくないですか?ほら、真っ直ぐ歩けてないですよ!」ご主人の方を指さしながらコーチは奥様に言うと、「あら、ほんと。」と奥様。
ご主人はいつも25mのコースを真っ直ぐ歩かれているのですが、その日は異常に右側に傾いていたそうです。
そしてコーチは「間違いでもいいので、病院に行ってみて下さい。」と奥様に伝えたのだとか。
数日後、その奥様に呼び止められたコーチ。
「コーチ、先日は有難うございました。
ハレム王 評価

 

コーチのおかげで主人が助かりました。」と奥様。
あの日、帰って直ぐに病院に行ってみると、ご主人は『脳梗塞』と診断されたそうです。
ご主人が『脳梗塞』だった事は悲しいことですが、あの日・あの時・そこにコーチが居た事により九死に一生を得る事が出来たのは、本当に良かった事だと思いました。
私達は身体を鍛えたり体力作りの為にジムに通っていますが、そこには運動指導だけでは無く、いつも私達の健康をも支えてくれているコーチ達が居る事にも心強く感じました。