将来に備えるためのお金

お金にしっかりしている人は将来に備えてまず貯金を推奨しますし、また何かと保険は必要で、老後に備えて何千万円も貯めておかないと不安だという傾向にあるように思います。
60歳になってからすぐに年金をもらえない場合も多く、またまだまだ働ける人も多いので実際にどんどん労働年齢も上昇しています。
そういった状況なので最近では日本人はお金を貯めすぎているという言われ方もするようになりました。
資産を分散させたり運用させる傾向も少なく、貯金ばかりに偏っているのは確かだと思います。
老後においてもお金を増やしていけるのが株などの投資でもあるので老後から始めるのではなく若いときから徐々に、株などの投資などの勉強をして資産をより多角的に分散して増やすという方向になっていけば将来に備えるお金という額も現在、試算されているよりも少なくなるのではないでしょうか。
投資や外貨預金などとにかくお金が流動化すればより経済も活性化しますし、老後の収入源としても考えることもできます。
将来に備えて預金ばかりに頼るというのは、現在の現役世代の給料がなかなか上がらない状態で貯金を理想的な額までできない人も多く発生しそうです。
借金 限界

 

年金も頼れないから貯金ではなくその他の手段ということを考える必要がありそうです。